HOME > 製品案内 > レーザー芯出し機器 > オプタラインスマートRS5

レーザー芯出し機器

PRUFTECHNIK のレーザーアライメントシステムは多くの産業分野において業界標準機となっています。
多種多様な機種と機能は、お客様のあらゆる設備の芯出しに対応します。
高精度、高効率作業の芯出しはお客様のコスト削減を実現します。

製品一覧

レーザー芯出し機 オプタラインスマートRS5

オプタラインスマートRS5


1つの軸では真っ直ぐでも、もう1つの軸では曲がっている場合があります。
衝撃や軟弱な土台、装置の摩耗といった外的要因によるダメージは、
製品の欠陥や故障の原因になる場合があります。

プルーフテクニックのオプタラインスマートRS5は使いやすいソリューションで、
たった1回の測定で両方の軸の真直度測定結果を提供します。
DREMOMETER 155-760N・m


産業用途向け

機械礎板の真直度の測定
ベアリングとシャフトサポートの位置合わせ
表面偏差と構造のたわみの監視
レールおよびトラック セクションのアライメント
杭打ち機、アクチュエータ、押し出しプレス機械の偏差を測定
ロールプロファイルのアライメント
■用途■
・ポンプ
・送風機
・風力発電設備
・発電機
・ファン
・コンプレッサー
・工作機のガイド
・ レール 他

メリット

既存のOPTALIGNR smart RS5 shaftユーザー向けの費用効果の高いアップグレード、 あるいはスタンドアローンソリューションとしてお求めになれます
2D真直度測定
手動および自動許容値
大きな凸凹のある表面用に機能を拡張
無限の表面長さの測定用InfinispliceR
ライブムーブでX 、Y方向に補正点を監視
デバイス内でPDFレポート作成
ALIGNMENT CENTER PCソフトウェアで測定ファイルを管理、 プロ仕様のレポートを作成(オプション)

測定原理

センサーはレーザー参照点に対する各測定点の偏差を測定します。
線の真直度を正確に決定するために水平および垂直座標の両方が記録されます。
さらに、内蔵MEMS傾斜計が角度位置を読み取るので、 シャフトとロールの真直度を定義できます。

お気軽にお問合わせください

06-6246-4976

資料請求・お問合せ


このマークの意味は?