06-6473-7550お気軽にお問合せ下さい。

資料請求・お問合せ

PRODUCTS製品案内

ウィンドタービン基礎ボルト用 ボルトテンショナーWTFシリーズ

主な特色

ギア・ナットによるランダウン方式
ギア・ナットによるランダウン機構により、テンション作業の間、非常に素早く、着実な方法で基礎六角ナットを着座させる事が出来ます。推奨された最大トルク30Nmで素早く着座させる為に、共通の1/2”ドライブ角手動トルクレンチを使用出来ます。同じくもう一つの方法として、手動ナットランダウン式基礎テンション・ツールも有効です。

 

ウィンドタービン基礎ボルト締め

25mm(1”)のラムストローク1回の引張りテンション作業

基礎ボルトの独特の長さや基礎構造へのボルト固定に使用された方法により、基礎ボルトのテンション作業の間に相対的に大きなボルトの伸張が発生する事が有りますがそれは普通です。この理由から使用されるボルトテンション・ツールのピストン/ラムストローク能力にはが余裕の有る事が非常に重要です。ウィンドタービン用テンショナーは、途切れの無い1回の引張りテンション作業で最大25mmまでのピストン/ラムストローク能力を発揮します。短ストローク基礎テンショナーは、ボルトの突出に制限が有る場合に使用可能です。 

 

WTF-7566

手動ナット回転機構付きコンパクト後方形状型

WTF-8040

ギア回転機構付き短ストローク型

WTF-8147

手動ナット回転機構付き短ストローク型

WTF-8041

ギア回転機構付き長ストローク型

WTF-8148

手動ナット回転機構付き長ストローク型

【速い納期対応/現場サポート/トレーニング/簡単な現場でのツールのメンテナンス】

カタログダウンロード

75KSI-全ネジ・バータイプ                    
モデル 基礎ボルト ギア ボルト突出(mm) 最大 ストローク 最大軸力 加圧面積 直径A 高さB D 重量
タイプ ボックス #10 #11 mm kN mm² mm mm mm kg
WTF-8041 等級75ksi全ネジ Y 260 257 25 472.6 3500.7 110 231 56 10.84
WTF-8148 等級75ksi全ネジ N 260 257 25 472.6 3500.7 110 231 56 10.47
WTF-8040 等級75ksi全ネジ Y 200 197 10 472.6 3500.7 108 158 55 7.06
WTF-8147 等級75ksi全ネジ N 200 197 10 472.6 3500.7 108 158 55 6.69
WTF-7566 等級75ksi全ネジ N 205 198 10 469.3 3128.8 142 144 41 10
(楕円形)
150KSI-全ネジ・バータイプ                    
モデル 基礎ボルト ギア ボルト突出(mm) 最大 ストローク 最大軸力 加圧面積 直径A 高さB D 重量
タイプ ボックス 1 3/8″ 1 1/4″ mm kN mm² mm mm mm kg
WTF-8342 等級150ksi全ネジ Y 270 275 25 762.5 5647.8 125 245 61.7 14.34
WTF-8343 等級150ksi全ネジ N 270 275 25 762.5 5647.8 125 245 61.7 14.34
WTF-8340 等級150ksi全ネジ Y 215 223 10 762.5 5647.8 123 175 62.5 9.72
WTF-8341 等級150ksi全ネジ N 215 223 10 762.5 5647.8 123 175 62.5 9.72

全ネジ基礎ボルトタイプの等級75ksiと150ksiの負荷能力に最適。様々なバー直径、突出に対応

多用途性

基礎ボルトナットよりのネジ突出量は個々のタービンによって著しく異なります。この変動に対応する為に短/長ストローク変動の両方のウィンドタービン用ボルトテンショナーが有ります。ボルトとタワーの壁との間のクリアランスに制限が有る場合、楕円形ツールも使用可能です。

長い軸突出モデル

軸の突出量が許容される場合、25mmの途切れの無いボルト引張りが
可能な長ストローク型テンショナーが最適です。

短い軸突出モデル

軸の突出に制限が有る時、長ストローク型テンショナーは適さないかも知れません。この場合は短ストローク型テンショナーが有効です。

自動テンショナー・リセット

速度を再度アップさせる為に、全てのウィンドタービン用テンショナーにはスプリング機構が内蔵されています、圧力が一旦ゼロに解放された後にテンショナーを自動的にリセットします。操作者が何もしなくても、その後自動的に次のボルトのテンション作業の為に準備完了となります。